「萬堂本舗」ってどんなお店?

萬堂本舗は原則、火曜日と金曜日にしか営業していないパン屋さんです。宇都宮と塩谷町の境にあるので、中心部からはかなり離れています。

場所が分かりづらいですが、緑色ののぼりが目印。見逃すと塩谷町に突入してしまいます。

萬堂本舗 周辺写真

ご自身のHPでは、自己満足の素人パンと掲げていますが、自作でつくった石窯で焼くパンは超本格派。口コミで評判が広がり人気のパン屋さんになっています。

萬堂本舗 外観

萬堂本舗から風景は田園が広がっていて、行くだけでも癒やされますよー。

萬堂本舗からの田園風景

萬堂本舗で、無花果(イチジク)パンを購入!

店内にはいちじくパン(660円)・雑穀パン(630円)・ブドウパン(600円)・チーズパン(660円)など数種類のパンが並んでいました。他の種類もあるようでしたが、本日はすでに売り切れ。早めに行かないとダメですね。

悩みましたが、イチジクパンを購入してみました。

萬堂本舗 パンの種類

「萬堂本舗」のパンを食べてみた!

袋から出した時に、パンの良い香りとフルーティーな香りがほわーんと漂います。幸せな時間ですなー。

萬堂本舗 いちじくパン

見た目はフワフワなのに実際に食べてみるとシットリした生地。噛めば噛むほど甘みがにじみ出てきます。ライ麦の粒がプチプチとアクセントになっていて良い食感です。

いちじくがいたるところに含まれていて、フルーツの甘みがよく合うパンでしたよー。

萬堂本舗 いちじくパン カット

「萬堂本舗」の薪焚き石窯。おいしいパンを作るための努力がスゴイ!

店主のご好意で石窯を見せていただきました。萬堂本舗のパンはすべて自作で作った石窯で焼いているとの事。

800℃まで石窯を熱してから、焚いた薪をすべて出し300℃未満まで温度を落としてパンを焼き始めるそうです。長時間の作業となるために午前2時30分から開始して、10時に焼き上がるとの事でした!

おいしいものには努力と手間が詰まっているんだと改めて認識しましたよー。大事に食べます。

萬堂本舗 石窯

残った予熱で焼き芋を焼くとオイシいとおっしゃっていました!

萬堂本舗 石窯の中

パンを焼くための薪もかなりの量ですね。スゴイ!

萬堂本舗 薪

萬堂本舗のパンが購入できる場所は?

萬堂本舗は、原則火曜日と金曜日にしか営業していないので、時間が合わなければ購入できませんが、「ろまんちっく村」には、ほぼ毎日納品しているとのことでした。

ろまんちっく村でも人気があるので売り切れてしまうことが多いようです。早い時間にいくと買える可能性が高まりますよー。

また、JR宇都宮駅ビルパセオにある縁(えにし)さんでも、買えることがあるようです。

「萬堂本舗」の営業時間や住所などの概要

店名 萬堂本舗(よろずどうほんぽ)
ジャンル パン屋さん
住所 栃木県宇都宮市上小倉町2682-1
営業時間 13:00~19:00
営業日 火曜日と金曜日のみ営業
口コミ 食べログでみる
駐車場 有り(無料)
電話番号 090-8742-4896
地図

▼こちらの記事もおすすめです▼

この記事が気に入ったら
フォロー!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事