宇都宮でまん丸の餃子を提供することで知られている「鵜の木(うのき)

宇都宮餃子会に加盟していて、餃子MAPにも掲載されているので、行ったことは無いけれど店名だけは知っている方も多いハズ。

今回は、地元の人気店「鵜の木」を紹介します。

「鵜の木」ってどんなお店?

人気の住宅街の若草エリアに鵜の木はあります。ピーク時には平日でも、地元の常連客でいっぱいの人気店です。

鵜の木 外観

店内はカウンター6席とテーブル席が6席。こじんまりとしたお店ですが、店主が1人でお店を運営しているので、これが限界でしょう。

鵜の木 店内

お店の場所が分かりづらいので、ファッションセンターしまむら若草店を目標に向かうと、真向かいに鵜の木がありますので、分かりやすいです。

鵜の木 周辺写真

「鵜の木」のメニューは?

鵜の木の餃子メニューは、焼き餃子(240円)、まん丸餃子(240円)、スープ餃子(340円)の3種類です。

スープ餃子は、スープの中にノーマルタイプの餃子を入れるか、まん丸餃子を入れるかで選ぶことができます。ちなみに両方の餃子を入れてもらうミックスも選択することができ、その場合はまん丸餃子が3個とノーマルタイプの餃子が2個の計5個になります。

餃子以外のメニューも豊富で、麺類やチャーハンなどのご飯物のメニューもたくさんあり、実際に店内で食べている常連客のみなさんは、餃子以外のメニューを食べている方が多いです。

鵜の木 メニュー

これが「鵜の木」の餃子だ!

今回は、焼餃子、まん丸餃子、スープ餃子ミックスの全種類の餃子を注文しました。

鵜の木 全3種類の餃子

まず焼き餃子ですが、表面はバリっと焼き上げられていて、底面はなめらかな舌触りになっています。

野菜が多めの餡は、歯ざわりを残さないようにじっくりと練り込まれていて、宇都宮の餃子店では珍しいタイプの餡です。好みが分かれる餡ですね!

鵜の木 焼き餃子

名物のまん丸餃子ですが、普通の餃子よりは一回り小さいサイズです。餃子というよりお饅頭の形で、その名の通りまん丸です。

表面をサクサクに焼き上げていて、底面はモッチリとした食感。餡はよく練り込まれていてジューシーに仕上がっていますが、個人的にはノーマルタイプの焼餃子の方がおいしかったです。

鵜の木 まん丸餃子

スープ餃子ですが、宇都宮の水餃子はただのお湯に餃子が浸っているだけのことが多いですが、鵜の木では味付けされたスープで提供しています。

スープは、醤油ベースにキムチ風味がトッピングされています。細かく刻まれたニラや長ネギ、ほうれん草が散らしてあるのも宇都宮の餃子店では珍しいですね!

小麦味が強いまん丸餃子よりもノーマルタイプの餃子のほうが、このスープに合うと思いました。お鍋として美味しく寒い季節にピッタリのスープ餃子です。

鵜の木 スープ餃子

「鵜の木」に駐車場はあるの?

鵜の木には、店舗の後ろ側に5台分の駐車場があります。輪止めの上部に鵜の木と文字が入っている場所が駐車スペースです。

たくさん駐車できるように見えますが、他店の駐車場になりますので、停めないようにしましょう。

間違っても向かい側にあるファッションセンターしまむらの駐車場に車を停めてはいけません。

鵜の木 駐車場

「麺ズファクトリー鵜の木」で鵜の木の持ち帰り餃子が買えるよ!

鵜の木で使用されている餃子は、麺ズファクトリー鵜の木という製麺所で持ち帰り用の冷凍餃子が販売されています。ちなみに鵜の木で提供されている「まん丸餃子」は、冷凍コロコロ生餃子という名前で販売されています。

麺ズファクトリー鵜の木は製麺所なので、餃子以外にも生パスタやラーメンなどの麺類が販売されていますよー。

麺ズファクトリー鵜の木

  • 住所 栃木県宇都宮市徳次郎町2673
  • 電話番号 028-666-3737

麺ズファクトリー鵜の木 公式サイト

「鵜の木」の営業時間や定休日など

店名 鵜の木(うのき)
ジャンル 餃子店
住所 栃木県宇都宮市若草4-14-9
営業時間 (ランチ)11:00~15:00
(ディナー)16:30~19:00
定休日 毎週月曜日・水曜日の午後
駐車場 有り(無料・5台)
口コミ 食べログで見る
ホットペッパーで見る
電話番号 028-623-7170
地図

まとめ:鵜の木は地元の常連客を引きつけてやまない人気の餃子店。

鵜の木には、常に地元の常連客がたくさん訪れていて、その人気は絶えません。

餃子の味はもちろんの事ですが、店主の気さくで愛される人柄も関係していると思います。常連さんでも一見さんでも別け隔てなく、優しい笑顔で迎えてくれますよー。

名物のまん丸餃子は一度食べてみる価値はありますので、ぜひ鵜の木に行ってみてくださいね。

▼こちらの記事もおすすめです▼

この記事が気に入ったら
フォロー!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事