JR宇都宮駅南口から徒歩で1分のところにある「典満餃子」。

駅からのアクセスが良く、周辺に餃子店が多いので、食べ歩きをする時の候補に挙げられることが多いお店です。

今回は、典満餃子を詳しくご紹介します。

「典満餃子」ってどんなお店?

雅秀殿グループが運営している「典満餃子」。雅秀殿とは宇都宮市内で知名度があった中華料理店ですが、残念ながら閉店し、現在では栃木市に本店を構えています。ちなみに雅秀殿出身の料理人には人気のラーメン店「右京」の店主がいます。

典満餃子 外観

店内は宇都宮の餃子店にしては広めで、約50席あります。掃除が行き届いていて、清潔感があるお店です。

典満餃子 店内

モニタリングで「もえのあずき」が爆食したのは典満餃子!

典満餃子はTV番組のモニタリングで「もえあず」が爆食しに来たことでも知られています。爆食三姉妹として来店したので、この他には小原尚子さん、桝渕祥与さんも来ていますね。この時には3人で97人前(582個)の餃子を食べています。

「典満餃子」のメニューは?

典満餃子の餃子メニューは、焼き餃子(300円)、海鮮水餃子(300円)、揚げ餃子(300円)、葱まみれ揚げ餃子(390円)の4種類がは基本のメニューですが、最近ではピリ辛ソースやパクチーを乗せた餃子も登場しています。

おつまみメニューでは、もやしのナムルやキムチ、枝豆などなど豊富に用意されていて、その上深夜営業を行っているので居酒屋使いに向いたお店です。

典満餃子 メニュー

アルコールメニューには、ビールやハイボールをはじめとして日本酒、ワイン、焼酎、ホッピーなど基本的なものはほぼ揃っています。

典満餃子 アルコールメニュー

これが「典満餃子」の餃子です!

今回は、焼き餃子と海鮮水餃子を注文しました。

典満餃子 焼き餃子と水餃子

焼餃子には八角とシナモンが使用されていて、独特の風味があり、日本人には食べ慣れていない味がします。隠し味程度なら良いですが、この風味が前面に押し出されているので、好き嫌いがハッキリと分かれる餃子です。タレを多めにつけて食べればシナモン臭さが薄れ、食べ続けていると風味に少しずつ慣れてきます。
八角とはwikipediaページへ

餃子の外見は、キレイな羽根が水平に広がっていて、横から見るとこんな感じです。しかし、この羽根はあっても無くても味わいが変わらないのが残念です。

典満餃子 焼き餃子 羽根

水餃子は、すでにスープに味付けがされていて、塩ベースの優しい薬膳スープです。宇都宮でスープに味がついているものは水餃子の表記ではなく、スープ餃子と明記されているものが多いです。

皮は柔らかくもっちりとした食感で、餡は一口かじると肉汁が流れ出しスープと混ざり合います。海鮮と名乗るだけあってエビが入っていますが、あっても無くても味に影響がないです。

典満餃子 水餃子の餡

持ち帰り・お土産用の餃子が販売されている。

典満餃子の店頭では、持ち帰り用とお土産用の冷凍餃子が販売されています。1箱に20個入っていて、値段は1,080円(税込)です。

また、店内では宅急便の受付も行ってくれますので、持ち歩きたくない方はこちらを利用したほうが楽です。

典満餃子 持ち帰り用の冷凍餃子

「典満餃子」には駐車場はあるの?

典満餃子には駐車場がありません。宇都宮駅近くという立地からこれは仕方がないことです。

周辺にはコインパーキングがたくさんあり、こちらを利用する形になります。その中でも料金がお得な駐車場は「駅前100円パーク」です。詳しくは「【超穴場!】宇都宮駅の周辺で安くて駅まで近い最強の駐車場はココ!」の記事を参考にしてください。

「典満餃子」の行列してる?混雑具合は?

典満餃子のお隣りにある餃天堂は平日でも行列ができていますが、典満餃子はあまり混雑していませんので、並ばずに食べることができる可能性が高いです。

しかし、休日になると観光客がたくさん来るので、平日よりは混み合っています。人気店の餃天堂やみんみんに比べれば、それほどでもないので並びは楽な部類に入ります。

餃天堂 行列具合

「典満餃子」は平日と土曜は24:30までの深夜営業をしている。

典満餃子は、平日と土曜日は24:30まで(ラストオーダーは24:00)営業をしているので、お仕事で遅くなったとしても宇都宮で餃子が食べることができます。

出張で宇都宮に来たとしても、せっかくなら餃子を食べたいですよね。典満餃子の最大のメリットは、夜遅くまで営業をしてくれることです。

おつまみやアルコールメニューが充実していますので、餃子だけでなく居酒屋的に使うのも良いです。

「典満餃子」の口コミは?

終電間際の餃子

お隣に並んでいましたがいよいよ終電が怪しくなってきたので、まだ入ったことのなかった典満餃子さんへ。
元々栃木県内で中華料理店を展開していたお店の新業態らしいです。

時間もないので焼き餃子と水餃子の定食を即決。
少し待ったら出てきました、餃子。

うん、中華料理屋さん。宇都宮っぽい餃子じゃない。
いや、何をもって宇都宮っぽいかという話なのですが…
上手に言語化できないんですけども比較的薄味で素材の味を楽しませるような感じでしょうかね。

こちらのお店のものはタネに主張の強い味がついてます。
ただ、これはこれで美味しいんですけどね。
水餃子なんかは中華スープ味で宇都宮以外で食べる水餃子を基準とすると充分美味しかったです。
焼き餃子は個人的な好みの問題でちょっとNG。餃子として好きな味じゃなかったです。

まあなんでしょう、最近宇都宮に来た時も看板を見て気になっていたのでその一店舗が埋められたということでよしとしましょう。
それに、22時過ぎても並ばず入店できるからこれは大事。
どちらかというと地元の方の飲み会用途なんかに良さそうなお店ですね。

食べログから引用

「典満餃子」の営業時間・地図などの概要

店名 典満餃子(てんまんぎょうざ)
ジャンル 餃子店
住所 栃木県宇都宮市駅前通り3-3-1 松廼家ビル1階
営業時間 (月~土曜日)11:00~24:30(ラストオーダー24:00)
(日曜・祝日)11:00~22:00(ラストオーダー21:30)
定休日 無休
駐車場 無し(周辺にコインパーキング有り)
口コミ 食べログ
電話番号 028-688-7880
地図

「典満餃子」のまとめ

典満餃子の餃子は八角やシナモンを餡に使っているため独特な香辛料の香りがします。

ハマる人はがっつりハマる餃子ですが、香辛料の香りがダメな方は、食べること自体がムリかと思います。

好き嫌いがはっきりと分かれる餃子なので、ぜひ一度食べて試してみてくださいね。

▼こちらの記事もおすすめです▼

この記事が気に入ったら
フォロー!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事