宇都宮市民は「みんみん派」か「正嗣派」で分かれるなんて記事をよく見かけますが、全くその通りです。

話題に「俺、みんみんー!」わたしは「まさしー!」なんて会話をよくしたもんです。

ここまで宇都宮市民に浸透した宇都宮餃子の二大巨頭である「正嗣 宮島本店」について、30回以上は食べている地元民の私が徹底的に解説していきます。

この記事を読めば「正嗣」の全てが分かります。

正嗣 宇都宮 宮島町本店

正嗣本店の行列は?待ち時間は長い?

正嗣宮島本店の行列の長さは、みんみん本店を凌駕します。人気度は五分五分ですが、これは席数が12席とみんみん本店より少ないことや、支店が駅前になく本店に観光客が集中することが挙げられます。

下の画像は、平日13時30分の正嗣本店の前にできた行列になります。休日になると平日の倍では収まりません。1時間待ちも覚悟になります。正嗣は餃子店ですが、12席しかない観光スポットだと思ってください。

16時~17時が比較的空いていますので、狙い目です。

正嗣の行列

行列に並ぶときのルール

正嗣本店の行列に並ぶときにはルールがあり、入り口にある扉の前や横に立ってはいけません。店員さんの通り道になっているので、そこにいると邪魔になってしまいます。また行列での並び方は、店舗の壁に沿って並んでいきます。

順番が近くなってくると、注文を聞かれますので、あらかじめ何を注文するのかを決めておきましょう。餃子が小ぶりなので1人前多く注文しておくと良いです。また、混雑時には追加注文が断られることがありますので、最初の注文で1度に注文しましょう。

正嗣 宮島町本店 並び方

「正嗣 宮島本店」のメニューは何があるの?餃子の値段は?

正嗣は餃子専門店を貫き通しているので、餃子以外のメニューは一切ありません。ライスやビールも例外ではなく、これに当てはまります。

こんなに分かりやすいメニュー構成の飲食店はあまり見かけないです。お店で提供されるものは餃子と水のみです。

餃子の値段は、焼餃子、水餃子ともに210円(税込)です。

正嗣 駒生店にはライスがあります。

「正嗣 宮島本店」の店内はせまい!

店内はカウンター席のみで12席しかありません。団体で食べに行くのには不向きなお店です。

また、カウンター席のみなので、和気あいあいと食べるというよりは、餃子と正面から向き合って食べるタイプのお店です。

本店では、長年餃子に携わった餃子マイスターが焼き上げてくれます。

正嗣 宮島町本店 店内

「正嗣 宮島本店」では水餃子の食べ方を教えてくれるよ。

正嗣の本店では水餃子が運ばれてくる時に、店員さんが食べ方を教えてくれます。

餃子が浸っている液体は紛れもなくただのお湯です。直接この丼ぶりの中にタレを入れて味付けをして食べる方法が推奨されています。

具体的には、「お酢を2周分かけ入れて、ラー油は辛いので少々いれて食べてください。それでも味が物足りない時は、醤油をお好みで少しずつ入れてください」との事でした。

正嗣のラー油は辛めに作ってあるので、最初にたくさん入れると辛すぎて食べられないという結末を迎えます。少しずつ調節しながら入れていきましょう。

正嗣 タレ

これが「正嗣 宮島本店」の餃子だ!

注文してから約5分で餃子が運ばれてきました。

行列に並んでいる時間が約30分だったので、注文してから餃子が来るまでの時間はとても早く感じます。

正嗣 焼餃子と水餃子

焼餃子ですが、宇都宮の餃子界ではとても小ぶりな部類に入ります。見た目にも「これなら3人前ぐらいは余裕」といった感じなので、多めに注文しておきましょう。

正嗣 本店のスゴイところは、見た目はきっちりと焼かれていないように見えるのですが、食べてみるとサクッとした歯ざわりで見事に焼き上げられています。

餡は、ほぼ野菜で構成されていて、火がキレイに中まで通っているのに、ボソボソとした変な口当たりは全くしません。正嗣の餡は生姜が効いていますが、みんみんは効いていません。ここに正嗣派、みんみん派で好みが分かれる所以があると思います。

薄く伸ばされた皮は柔らかさを残したままになっているのに、ヒダの部分はコシを残しているので、技アリの餃子です。餃子の皮の旨さも正嗣の特徴です。

まさし 焼餃子

水餃子は、正嗣の店員さんが教えてくれた食べ方でいただきました。

酢を2周かけ入れて、ラー油は1さじ分注入。醤油はほんの少しだけ入れました。

まさし 水餃子

水餃子は、茹でられたことにより、餃子が柔らかく仕上がっていて、サッパリした後味になっています。ツルッとした舌触りと生姜が効いた餡がマッチして美味しいです。

運ばれてきた時にはただのお湯でしたが、酢やラー油を入れて味付けをし、餡の生姜が溶け込んだことにより酸味が効いた生姜スープに変貌します。

正嗣 水餃子 ツルツルとした皮

正嗣 宮島本店には駐車場はあるの?

残念ながら、正嗣の本店には駐車場がなく、提携している駐車場もないです。そのため、コインパーキングを利用する形になります。

店舗から近くて広い駐車場は「Uパーキング 馬場通り」になります。駐車料金は7時~19時が30分ごとに100円、19時~7時が60分ごとに100円です。

また、裏技になりますが、正嗣本店の近くにある「みんみん本店」で食事をすると、岡川駐車場が1時間30分無料になるサービスがあります。みんみんで餃子を食べた後、正嗣でも食べれば一石二鳥です。

しかし、休日には両店ともに行列がとてつもないので、1時間30分内にこの2店舗で食事をするのはまずムリでしょう。

岡川駐車場については、「宇都宮みんみん本店の駐車場は2つある。分かりやすく解説します。」の記事に詳しく記載してありますので、参考にしてくださいね。

正嗣の餃子が気に入った!お土産用で持ち帰りたい場合は?

正嗣 宮島本店で販売されている冷凍餃子は、1箱に30個(5人前)入っていて、値段は1,000円(税込)です。

1時間以上の持ち歩きには保冷剤が必須となります。冷凍餃子が一度溶けてしまうと、餃子同士がくっついてしまい調理できなくなるからです。保冷剤は正嗣の店内で販売されていて、料金は200円です。

正嗣の餃子が気に入って持ち帰りたい場合は、食べている途中に注文した方が待たずに済みますし、大忙しの店員さんに迷惑をかけなくてすみます。

また、クール宅急便の受付もしてくれるので、遠方の方は利用したほうが無難です。

正嗣の餃子の焼き方

正嗣の餃子は冷凍状態で焼きます。間違っても解凍してはいけません。餃子同士がくっついて取れなくなってしまいます。

正嗣駒生店の店員さんが、ゴマ油とサラダ油を1:1の割合で入れると、風味が増してより美味しくなると教えてくれました。こちらは公式サイトと違う焼き方になります。

私はゴマ油が多めの方が好きですが、完全に好みによりますので、はじめは公式にしたがって焼いてみて、次にゴマ油とサラダ油を半々で焼いてみると違いがよく分かるのでオススメです。

正嗣が公開している公式の冷凍餃子の焼き方は、下記リンクを参照してください。
正嗣 冷凍餃子の焼き方

「正嗣」の餃子は通販でも購入可能。

ネット社会の現代では、わざわざ宇都宮に来なくても正嗣の餃子は通販でも購入可能です。

栃木の食を集めた「あるよ」という通販サイトで購入できます。1箱に30個入っていて値段は1,000円です。別途送料が必要になります。

商品名は生餃子になっていますが、実際には冷凍で送られてきますので、届きましたらすぐに冷凍するのがオススメです。

また、通販で購入すると正嗣の餃子にはに欠かすことができない正嗣特製のラー油がついてきます。

「正嗣」の場所はどこにあるの?

正嗣の本店の場所は、宇都宮餃子の激戦区「餃子通り」にあります。

餃子通りには正嗣のほかに、「みんみん本店」「悟空」「とんきっき」「天頂」があり、5店舗の餃子店が集中しているので食べ歩きに便利な場所です。

「正嗣 宮島本店」までのアクセス方法は?

正嗣本店までの行き方をバス・徒歩・車の3つの場合に分けて説明していきます。

バスで行く場合

JR宇都宮駅西口のバスロータリー38番乗り場から、宇都宮市内循環バスのきぶなに乗車し、バス停名:宇都宮二荒山神社下(ふたあらやまじんじゃした)で下車します。乗車時間は約5分ほどで、運賃は170円です。

正嗣の本店までは、バス停から東方向に餃子通りを歩いて1分ほどで到着します。

バスの時刻表

徒歩で行く場合

JR宇都宮駅から正嗣宮島本店までは1.3kmと歩けなくはないですが、少し遠いです。

一番わかりやすい経路は、西口から伸びる大通りをまっすぐ歩いて行き、15分ぐらい歩くと右側に栃木SC(栃木のサッカーチーム)のショップが見えてきます。このお店の手前側にある道路を右折すると、正嗣本店に到着します。

一番分かりやすいのはグーグルマップを使用するのが一番です。「正嗣 宮島本店」のリンクを貼っておきますので、クリックしてお使いください。

車で行く場合

車で行く場合は、文章で説明するよりも、カーナビで行ったほうが間違いなく分かりやすいです。

カーナビに、住所:栃木県宇都宮市馬場通り4-3-1または電話番号:028-622-7058で設定すると簡単です。

また、カーナビが無い方は、こちらにも「グーグルマップの正嗣本店」のリンクを張っておきますので、お使いください。

正嗣は本店以外に店舗はないの?

正嗣は本店を含めて8店舗あります。内訳は宇都宮に5店舗、日光市に1店舗、鹿沼市に1店舗、さくら市に1店舗です。

正嗣で餃子を食べたい時の最大のデメリットは、宇都宮駅前に店舗がないことです。

宇都宮市民は基本的に店内では食べず、持ち帰って自宅で食べるので、自宅から近い店舗に行くので良いのですが、観光客はそういうわけには行きません。

駅前と言えるのは日光市の今市店ですが、東武日光線の下今市駅の近くなので、日光と言えど観光地ではない場所で下車することになります。日光へ観光に行くついでに正嗣で餃子を食べるには不向きですね。

やっぱり観光には宮島町本店で食べるのがベストです。

宇都宮市

日光市

鹿沼市

さくら市

「正嗣 宮島本店」の営業時間・定休日など概要

店名 正嗣(まさし) 宮島町本店
ジャンル 餃子専門店
住所 栃木県宇都宮市馬場通り4-3-1
営業時間 11:30~20:00 ※売り切れ次第、営業終了
定休日 毎週水曜日
火曜日のお休みも多いです。公式サイトで発表されている店休日を参照してください。
駐車場 無し(周辺のコインパーキングを利用)
口コミ 食べログで見る。
ホットペッパーで見る。
電話番号 028-622-7058
地図

まとめ:正嗣 宮島本店は間違いなくウマイ。この価格帯では最上位クラス。

宇都宮にある餃子店のほとんどを食べ歩いた私が言いたいことは、正嗣の餃子は間違いなくウマイです。

この価格帯で作る正統派の餃子のなかでは最上位クラスと言えるでしょう。正嗣の餃子は210円なので、500円の餃子と比べることが間違っています。

また、私は正嗣の餃子を持ち帰って食べますが、宮島本店に行くときは店内で食べたいです。本店の焼きを堪能したいんです。焼きのマイスターが焼き上げるのと、家で焼くのではやっぱり違います。

宇都宮へ観光にへ来たら、正嗣の本店は外せません。宇都宮の基本となる餃子の味を試してから、いろんなお店を食べ歩くのがオススメです。

▼こちらの記事もおすすめです▼

この記事が気に入ったら
フォロー!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事