以前、餃子ノあんへ餃子を食べに行った時に、店内いた多くのお客さんが注文していたのがラーメン

餃子ノあんではラーメンをつゆそばと名付けて提供しています。

今回は、餃子ノあんのつゆそばをレビューしていきます。

▼こちらの記事もおすすめです▼

餃子が旨かった「餃子ノあん」にラーメンを食べに行ってみた!

フレンチ出身のオーナーシェフが運営している餃子店が「餃子ノあん」。

今までの宇都宮餃子とは一線を画する存在になっています。

お客様をお迎えするドア一つとってもオシャレです。

餃子ノあん

多くの宇都宮餃子店は卓上に割り箸が無造作に置いてありますが、餃子ノあんでは席の一つ一つに箸置きが用意さていたり、レンゲなどがすでにセットされた状態で出迎えてくれます。

雰囲気が良いので、デート利用に向いたお店です。

餃子ノあん 内観

「餃子ノあん」のメニューには、ラーメンが「つゆそば」と明記されている。

餃子ノあんでは、ラーメンをつゆそばと呼びます。

一日に25食限定なので、早めに行かないと売り切れてしまうことがありますので注意ですね。

値段は税込で670円です。

餃子ノあん つゆそば メニューでは

これが「餃子ノあん」のラーメンだ!

席からはシェフが湯切りする姿や仕上げをする姿が見え、丁寧に調理しているのがよく分かったので、これは期待できます!

注文してから約10分ほどでつゆそばが到着しました。

餃子ノあん ラーメン

餃子ノあんで提供されるつゆそばの最大の特徴は、スープです。

ベースは濃厚な醤油スープですが、仕上げにオリーブオイルが使われています。宇都宮市内のラーメン店ではまずお目にかかれないスープです。

スープの色は黒みが強いですが、塩っ辛いことはまったく無く、甘みがあり後味はサッパリしています。

餃子ノあん つゆそば スープ

チャーシューには、一般的な豚肉より多くの旨味成分をもつ和豚もちぶたを使用。柔らかく調理されていて、噛むごとに豚の味わいが出てきます。

餃子ノあん チャーシュー

麺はツルツルシコシコの細麺ストレート。歯切れの良い麺を使っています。

餃子ノあん ラーメンの麺

付け合せには、シャキシャキした歯ごたえの白髪ねぎとメンマが添えられています。

餃子ノあん 白髪ネギ

「餃子ノあん」のおすすめポイント

餃子ノあんのつゆそばを食べた感想は、衝撃の一言です。

オリーブオイルが入った醤油ラーメンは初めてでしたが、淡くて甘いコクのあるスープは、餃子ノあんでしか味わえない一品物のラーメンです。

餃子にもオリーブオイルと唐辛子で作るペペロンオイルをタレに採用したりと、革新の餃子店になっています。

店内の雰囲気作りに気を配っていたり、店員さんの気配りも気が利いていますので、デート利用にも最適と言えます。

餃子ノあんは、バス停が近くにあってアクセス良好。

餃子ノあんはJR宇都宮駅からは離れていますので、観光には向かないと思われがちです。しかし、バス停が目の前にあるので、駅からのアクセスはかなり良好です。

JR宇都宮駅バスロータリーの12番乗り場から「六道経由鶴田駅」もしくは「六道経由西川田東」に乗車するか、13番乗り場から「陽西通り経由鶴田駅」、「桜通り経由鶴田駅」、「桜通り経由西川田駅」に乗車すれば到着できます。

運賃は220円で、乗車時間は約15分ほどで、餃子ノあんからの最寄りのバス停は「文化会館前」になります。

JR宇都宮駅から文化会館前までバス時刻表を下記に添付しておきますので、参考にしてください。
バス時刻表

餃子ノあん バス停

まとめ:餃子ノあんは、餃子もラーメンも両方うまい!

今回は、餃子ノあんでラーメンを食べてみましたが、オリジナリティあふれる素晴らしいラーメンでした。

前回食べた餃子も素晴らしかったですが、それと並ぶクオリティなので、近い将来に宇都宮有数の人気店になれる可能性を秘めています。

現在では行列していませんが、今後は食べたくても食べられない状態になってしまうかもなので、お早めに一度は行ってみてくださいね。

▼餃子ノあんの餃子についての記事▼

「餃子ノあん」の営業時間や定休日など

店名 餃子ノあん
ジャンル 餃子店・ラーメン店
住所 栃木県宇都宮市菊水町11-20
営業時間 (ランチ)11:00~14:30 ラストオーダー14:00
(ディナー)17:00~20:00 ラストオーダー19:30
定休日 月曜日(祝日の場合は営業。翌日が振替休日)
駐車場 有り(無料)
口コミ 食べログで見る
電話番号 028-616-8897
地図

▼こちらの記事もおすすめです▼

この記事が気に入ったら
フォロー!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事