歴史ある老舗の味噌屋さんが宇都宮で餃子屋さんを経営しております。
ラーメン屋さんが餃子も提供していることは多いですが、味噌屋さんが餃子を作っているのは宇都宮で他に聞いたことがありません。

宇都宮餃子と伝統ある味噌をコラボさせた青源 パセオ店」を紹介します。

「青源 パセオ店」ってどんなお店?

青源の創業は1625年と400年近く歴史のある味噌屋さんです。大阪夏の陣が1615年なので徳川幕府が誕生して間もない頃に創業ですね。改めてスゴイです!

そんな青源が経営する餃子屋さんは、宇都宮駅ビル「パセオ」の1階にあり、看板に「味噌と餃子」と書かれているので分かりやすいです。

シンプルな餃子をつくるお店が多い宇都宮では少し異質ですが、伝統ある味噌と宇都宮の餃子の組み合わせを味わいに、休日には多くの方が訪れている人気店です。

青源 宇都宮 外観

店内はカウンターとテーブル席を合わせて約30席。平日のピーク時を外せば、あまり待つことなく食べられる可能性は高いです。

青源 宇都宮パセオ店 店内写真

「青源 パセオ店」のメニューはこちら。

青源のメニューは、さすが味噌屋さんが経営する餃子店だけあって、餃子に味噌がふんだんに使われています。水餃子のスープにはお湯ではなく赤味噌ベースになっています。

  • ネギ味噌焼餃子(6個) 420円
  • 源ちゃん焼餃子(6個) 290円
  • 青源水餃子(5個) 490円

セットメニューも豊富に取り揃っていますが、おすすめは「お勧め3点トリオ」です。このメニューは青源が提供する餃子がすべてセットになっているので、ネギ味噌焼きも、源ちゃんも、水餃子も食べることができます。

最初にノーマルタイプの餃子を食べて、その店の基本の味を知ってから色々と手を出したほうが良いと思いますので、全種類食べることができるセットメニューの存在はありがたいです。

青源 パセオ店 セットメニュー

これが「青源 パセオ店」の餃子です!

今回は青源が推しているメニューの「ネギ味噌焼餃子」と「青源水餃子」を注文しました。

ネギ味噌焼餃子は、餃子が見えないくらいに刻まれた小ねぎが載っています。
すでに味噌ダレがかかっているので、タレをつけずにそのまま食べるよう店員さんが教えてくれました。

餃子自体はかなり小ぶりで、味噌の味が強すぎて餃子の味はイマイチ分かりませんでした。やっぱり初めにノーマルタイプは注文するべきですね泣。

味噌の味が強いので、濃い味付けが苦い手な方には合わないかも知れません。私はこの味噌とネギで一杯やるのが夢です(いつも車なので飲めないです泣)。

青源で食べるたびに思うのですが、はじめから味噌ダレをかけて提供するのではなく、食べる人が自分で好きな量をかけられるようにしてくれないかなーと思います。ノーマルタイプを注文してテーブルに置いてある味噌ダレをかければ良いのですが、ネギがついてないので嫌なんです。

お味噌とネギはかなり美味しいので大好きです。

青源 ネギ味噌焼き餃子

この伝統をつないできた味噌にまみれた餃子を食べられるの青源だけです。

青源 餃子の餡

青源水餃子は、赤味噌ベースで作られたスープに餃子が5個入っています。

赤味噌と酢をオリジナルでブレンドしたスープになっていて、独特な酸味があり不思議と高級感があります。
水餃子の餡にはお肉がたっぷり使用されていて、皮の中にパンパンに詰まっています。

こちらはスープを単体で飲むより、餃子と一緒に食べたほうが美味しく、ただの味噌汁ではなく列記とした餃子料理に仕上がっています。

青源 水餃子

青源の歴史ある「味噌」はパセオ店でも販売されている!

青源が400年ものあいだ伝統をつないできたお味噌は、青源パセオ店の店頭で販売されています。

一般的な米糀味噌はもちろんのこと、地元の穀と名付けられた青源のお店で味噌汁に使われている味噌など様々な種類を購入するのはことができます。

また、青源の味噌を使用して味噌ラーメンを作っているのがらーめん火山です。この味噌ラーメンのレビューは「【石焼らーめん火山】戸田恵梨香さんが食べた石焼野菜味噌ラーメン!」の記事を参考にしてください。

青源 味噌の販売コーナー

青源のテーブルにおいてある「味噌ダレ」が購入できる。

青源のテーブルに置いてある味噌ダレが店頭で購入することができます。
このタレは「餃子の達人」という名前で販売されていて、値段は税込で432円です。

青源の餃子を持ち帰って自宅で焼いたら、この味噌ダレは欠かせません。

青源 味噌ダレ

「青源 パセオ店」の駐車場は?

青源は駅ビルのパセオ内に入っているので、パセオの駐車場もしくは提携駐車場を使えば、使用した金額に応じてサービス券がもらえます。
駐車場に関しては細かい条件がありますので、下記リンクからパセオの公式サイトで確認して下さい。
パセオの公式サイト(駐車場に関するページ)

青源 駐車場のサービス内容

店頭で冷凍餃子を販売しているので、お土産用や持ち帰りに便利!

店頭ではショーケースに入れられた冷凍餃子が販売されていて、お土産用やご自宅に持ち帰り用に便利です。
持ち歩くのが嫌であれば、店頭で宅配の受付もしてくれるので、購入時に頼んでしまうと楽です。また、青源の餃子を持ち帰るのであれば、専用の味噌ダレを購入することをお忘れなく!

青源 お土産用の冷凍餃子

宇都宮まで来なくても青源の餃子や味噌は通販で購入できるよ!

青源の餃子を食べてみたいけど宇都宮まで来るのはちょっと…。という方は通販で購入することができます。公式サイトや楽天などの通販サイトで販売されていて、手軽に注文できるようになっています。
青源 公式サイト(通販ページ)

楽天やAmazonのポイントを利用されている方は、各サイトで購入したほうがお得です。

「青源パセオ店」の口コミは?

【宇都宮】ここのネギ味噌焼き餃子が無性に食べたくなる

餃子の町、宇都宮において、変わり種餃子は数多あれど、ここのネギ味噌焼餃子に勝てる餃子はなかなかないと思います。

焼餃子の上にネギを散らしたものであれば、この近くの餃子屋さんでも置いていますが、こちらのものとはインパクトが違いますね。

お手軽セット\880なるメニューがあり、生ビールとネギ味噌焼餃子とおつまみがセットになっているものを注文します。あと、源ちゃん焼餃子\290も1人前を注文しました。

日曜日に訪れたため、混み合うのでしょうね。
注文時に餃子の追加オーダーは承れませんとのことで、オーダーの確認がありました。
ドリンクメニューは追加オーダーは大丈夫だそうです。

先に生ビールとおつまみが登場です。
このピリ辛こんにゃく、酒のつまみに良いですね。ご飯にも合うと思います。
続いて、餃子の登場です。
ネギ味噌焼餃子、インパクト大なビジュアルは相変わらず。
味が付いていますので、そのまま食べられます。むむ、やっぱこの餃子好きですね。

続いて、源ちゃん焼餃子です。ただの焼餃子ですが、卓上セットの中に味噌ダレがあるんですよ。
これを付けると美味しいんです。ただ、餃子自体はかなりニンニクを利かせていますね。
もちろん、酢醤油辣油というノーマルな餃子の食べ方もできますね。
ただ、青源にきたら、味噌ダレで餃子を食べてみましょう。

食べログから引用

「青源 パセオ店」の営業時間・住所など

店名 青源(あおげん)パセオ店
ジャンル 餃子店・味噌屋
住所 栃木県宇都宮市川向町1-1-23パセオ1階
営業時間 10:00~21:00(最終入店時間20:00・ラストオーダー20:30)
駐車場 あり(有料・パセオの駐車場・提携駐車場)
定休日 パセオの休館日に準ずる
食べログ 口コミを見る
電話番号 028-627-8464
地図

まとめ:老舗味噌屋の味噌うまし。餃子も美味いがやっぱり味噌旨し。

ここまで青源のレビューを書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。

結論としては、老舗の味噌屋がつくるお味噌は本気で美味いです。おうちで作ったお味噌汁とは一味違います。
餃子も食べてもらいたいですが、一度このお味噌を味わってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォロー!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事