宇都宮市民もあまり知らない餃子の名店『天馬』

宇都宮といえば餃子の街として知られていますが、数ある餃子店の中でも知る人ぞが知る絶品の餃子を提供してくれるお店が天馬です。
宇都宮市民であっても知らない人は多いのではないでしょうか。
仕事中に偶然通りがかって食べたことがきっかけですが、この偶然が素晴しい宇都宮餃子との出会いになりました。
一度はみんなに食べてもらいたいオススメの餃子です。
早速ですが、天馬のレビューにいってみましょう!
天馬 餃子

数ある宇都宮餃子店の中でも超一級品!天馬へ行くべし!

そんなに絶品なら行列必至?

宇都宮餃子の人気店と言えば、行列必至で長時間の待ち時間を要しますよね。
天馬は写真の通り先客が1組のみと大抵は混雑することがなく食べることができます!
基本的にはガイドブックやグルメサイトにも取り上げられないので、もったいない名店です。
取り上げられて混雑するのもイヤですけど。

天馬 宇都宮 店内

ウソみたいだろ。絶品なのにガラガラなんだぜ。

天馬 × 橘田いずみ

店内には到るところに声優の「橘田いずみさん」のグッズが置かれています。
職業は声優ですが、餃子評論家としても有名ですよね(宇都宮だけかな?)
宇都宮餃子まつりなどのイベントには必ずいるような気がします。

そんな橘田いずみさんが餃子作りの弟子入りをしたと言われているのが『天馬』。
人気声優なのに餃子の弟子入りってかなりツワモノです。

天馬 橘田いずみ

これが絶品の『天馬』の餃子だ!

今回注文したのは定番メニューの「ニンニク餃子」と「干しエビ餃子」の2品。
注文してから約15分で出来上がりましたが、店主と奥様が2人で切り盛りしていますので、少し時間がかかります。

大きな羽根は普通の餃子の羽根とは違い、パリパリに焼かれていて、旨味をとじこめるだけではなく、新たな食感も加えています。
バリバリに焼かれているのでくっついて取れなさそうに見えるのですが、1個1個が取れるんですよね。
どうやって焼いているんだろう。
天馬 餃子

左がニンニク餃子で、右が干しエビ餃子

ニンニク餃子

麺をつくる時と同じ製法の竹でもまれた餃子の皮はモチモチで柔らかく、餡にはたくさんのお肉がつまっています。
噛むと肉汁があふれ出してくるので、飛ばないように注意が必要な程ですよー。
一般的な宇都宮餃子は、野菜が多めの肉が少なめなので宇都宮では珍しいタイプになりますね。
餃子の餡にはしっかりと下味がついているので、このままでも全然おいしいです。
むしろこの餃子には醤油は邪魔な存在なのかも知れません!

天馬 干しエビ餃子

パコッと取れるんです。

干しエビ餃子

干しエビ餃子は皮が黄色み掛かっているのが特徴的ですね。何が混ぜ込まれているのでしょうか。
噛むと口いっぱいにエビの風味が広がりまくって、エビ好きにも、餃子好きにもたまらない一品だと思います。
店主の一級品の腕とこだわりが際立つ完成された餃子です!

天馬 干しエビ餃子

見てもらいたい。このモッチリを。

場所はどこにあるの?

天馬は住宅街の路地裏にひっそりと佇んでいるのでかなり分かりづらいです。
外観は、入り口の方から見ないとお店って分かりません。

車で行く場合はまず栃木銀行の陽南支店を目指しましょう!
そして、銀行についたら東隣にある道路を北上するのが一番わかりやすいと思います。
ゆっくり走らないと見落としますのでご注意くださいね!

外観が白の外壁に、白色でペガサスが書いてあるので分かりづらい!
その他の目印は、宇都宮餃子の黄色い暖簾や営業中の看板があります。
でも、カーナビで行くのが無難です。

電車で行く場合は、東武宇都宮線の江曽島駅で下車。
東口から出たら徒歩で約5分で着きます。
駅から降りたらすぐにgooglemapを使いましょう!天馬は道に迷いますよー!
(天馬の住所・栃木県宇都宮市宮本町9-7)

天馬 外観

『天馬』メニュー一覧

みんみんや正嗣といった宇都宮餃子の一般的なお店は200円台なので、それに比べるとお値段はお高めです。
それでも行く価値はありです!
そもそも2人前で800円ですよー。安いでしょ!

天馬ではいつでも注文できる定番の餃子メニューと、旬のモノを使った季節限定の餃子メニューがあり、それぞれの季節でおもしろい餃子を提供してくれます!
ニンニク餃子はその名の通りがっつりとニンニクが効いていますので、お仕事中に食べるのは注意が必要ですね!

定番餃子のメニュー

  • ニンニク餃子(焼・ゆで)400円
  • ニンニク餃子(煮込み)630円
  • 干しエビ餃子(焼・ゆで)400円
  • 干しエビ餃子(煮込み)630円

季節限定餃子のメニュー

旬の食材を使用して作るので、季節ごとにメニューが変わります。

  • とうもろこし餃子(焼・ゆで) 430円
  • いちごとちおとめ餃子(焼のみ) 430円
  • 夕顔餃子(焼・ゆで) 400円

その他のメニュー

  • 手打ちタンメン 700円
  • ライス (小)150円 (中)230円

「天馬」の口コミ

宇都宮餃子の決定版

宇都宮に住んで3年、これまで街中の餃子店は積極的に入ってきました。
この日は、たまたま南の方に来る機会があったので、ついでに天馬に行こうと車を走らせます。

今回が天馬3回目ぐらいだと思いますが、今日はついにニンニク入り焼き餃子にチャレンジ。
これまでは、人に会う用事があったため、ニンニク抜きの干しエビ焼き餃子でした。

とちおとめ餃子と、キムチ餃子も頼んでみました。
どの餃子にも、ニンニクの有無が書かれているので、これは非常に親切ですね。

餃子はボリュームがあって、皮の歯ごたえもしっかりしています。
店内を見ると、竹を使って皮を延ばして一つ一つ作っている様子を撮った写真が。
手作りの良さが出ています。

さて、15分程度で餃子が3種焼きあがってきました。

まず、ニンニク入り焼き餃子。
普通に美味しい。宇都宮駅周辺にある餃子店のレベルは当然超えています。
ただ、天馬の干しエビ餃子との差はそれほど感じないですね。ニンニクの使用・不使用に左右されないハイレベルな美味しさです。

キムチ餃子をいただきます。自家製ということで、少し辛めですが、これもいけますね。

とちおとめ餃子は・・・これ単体だけ頼もうとは思いませんが、変わり種としては甘味があってアリかもしれません。

次は水餃子を頼んでみようと思いました。

食べログから引用

「天馬」のアクセス・営業時間など

店名 天馬(てんま)
住所 栃木県宇都宮市宮本町9-7
電話番号 028-659-1578
営業時間 お昼の営業11:00~14:00 夜の営業17:00~20:00
定休日 毎週月曜日、第1・3火曜日
地図

宇都宮市内の美味しいつけ麺記事

おすすめの記事